保険スクエアbang!自動車保険一括見積もり

ダイレクト自動車保険 特約に関してのデメリット

自動車保険は、ダイレクト型も代理店方式も、万一の事故の際は自動車保険会社の担当者が示談交渉を進めるのは同じです。

勘違いなさっている方が多いかもしれませんが、代理店には示談交渉権がありません。

これは社団法人日本損害保険代理業協会のホームページに載っていますので紛れもない事実なのです。

「代理店がすぐに事故現場に駆けつけて示談してくれた」ということはありえませんので、ご注意ください。

保険金を払うかどうかは代理店の判断ではなく、自動車保険会社の判断なのです。

そうすると、代理店方式だから、ダイレクト型だからという違いは、事故の際には全然関係ないことになりますね。

自動車保険には特約がたくさんあります。

対人と対物だけなら簡単ですが、どの特約をつけるかつけないかは、自分で理解した上で判断しなければなりません。

例えば、人身傷害特約と搭乗者傷害特約の違いなんて、代理店なら口頭で説明してくれて、これは必要だよとか、なくてもいいよとか教えてくれるのに、すべて自分で調べて決めなければならないのです。

ダイレクト型の最大のデメリットは、特約の内容を自分で理解しなければならないことと言えます。

ダイレクト型のサイトは、どの自動車保険会社でも、説明がきちんと書かれていて、いちいち調べなくても概要がわかるようになっています。でも、さらに詳しい内容を知りたいときは、Q&Aで調べたりする必要が出てきます。

ここで間違った理解をしてしまうと、出ると思っていた保険が出ないということにもなりかねません。こういう点がデメリットと言えます。

逆に、いつも代理店の言いなりに高額な保険料を支払っていたけれど、自分でじっくり調べて必要な特約だけをつけたら、保険料が半額になったということも普通にあります。

デメリットでもあり、メリットでもあるわけですね。

自分で理解して選択するというのが面倒な方は、今入っている自動車保険の特約と同じ内容のものを選んでみるという選択肢もあります。

百聞は一見にしかず。
いちど各社の見積もりをとって比較してみると分かります。

⇒【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり